たくさんの不用品を上手に処分するための方法

>

リメイクして小物として利用する

同性の身内にお下がりする

親戚や身内に同性の子供がいるのであれば、着なくなった衣類はほとんどお下がりされていると思います。
よく私も行っているのが多いですが、近年の子供服のデザインと言うのはお洒落で可愛いデザインが多くある程度年数が経っていても綺麗な状態であればお下がりして着ている事が多いです。
いくら着なくなった衣類があると言っても、どう見ても服がヨレていたり伸びていたりする物は、前の記事でも説明したと思いますが、雑巾にしたりするのが良いと思います。

綺麗な状態の衣類のみを身内にお下がりしています。
意外と、好みが似ている身内であれば喜んで着てくれるはずですし、お下がりを心待ちにしている事が多いです。
気に入った服だと早くからお下がりの予約をしている事があります。

祖父母世代から孫にお下がり

今、若い人達の間で祖父母世代や自分の両親が着なくなった衣類をお下がりして着ている事が多いと言うのを耳にします。
世の中の流行と言うのは昔に流行っていた物が再度またスポットを浴びる事が多いのです。
昔に流行った所を残しつつも、デザインが少し現代風にアレンジされていたりする事もあります。

ですが、中には昔のままのデザインの衣類が好きで古着感覚で着て自分なりのお洒落として楽しんでいる人もいます。
昔のデザインの衣類でもお洒落な物は本当に素敵なデザインですし、長く着て貰って祖父母や両親も嬉しいと思います。
お洒落に敏感な今の若い人は現代のデザインだけではなく昔の衣類のデザインにも注目して、自分なりのリメイクやアレンジを加えて着ています。


この記事をシェアする

TOPへ戻る